豊洲市場へ

豊洲市場。
日本橋いづもやの岩本さんのご案内で仲卸売場へ入れさせていただきました。

明るく整った豊洲市場は通路も壁も綺麗で築地のそれとは違うけれど、行き交うみなさんの会話や活気は変わらずその空間の居心地はそのまま。これからみなさんがこの建物の時間を刻んでいくんですね。

お茶をいただきながら世間話と情報交換

今回は仲卸売場をご案内いただくのと、もうひとつの目的。
築地「愛養」のマスター、鈴木さんにお会いすること。

築地市場の最終日、ずっとお世話になっていた「愛養」を開店前から閉店まで撮影させてもらった。
深夜3時前、鈴木さんが白衣を羽織りボタンを留めている最後の後ろ姿。

2018年10月6日
築地市場 愛養にて

現像して額に入れて9ヶ月。ようやく渡すことができました。
鈴木さんも元気そうでなにより!
そして同じく「愛養」で働いていたゆうこさんとも再会。

築地愛養でも岩本さんと

そのあとは大和寿司で朝食。
もう美味しい美味しい。。。やはり全然違う。
築地では行列すぎてなかなか行けなかったけれど今は並ばずに入れます。
10月に近くにホテルができて混む可能性があるので行くなら今がオススメです。

大将に握っていただく贅沢
寿司屋をはじめた頃のお話などお話してくださいました

食後の珈琲でセンリ軒に入ったら大江戸の湧井さんもいらっしゃって3人でゆっくり。

午後からの仕事のエネルギーになりました。
岩本さん、ありがとうございました!