役者の喜びと覚悟と責任

来月下旬に出演する舞台の顔合わせがありました。

「どんなメンバーなんだろう」
「読み合わせちゃんとできるかな」

顔合わせは毎回毎回緊張します。

今回はそれに重ねて色々な感情がありました。

観客のみなさんが、
観て楽しんで、帰って思い出して、その先の日々のエネルギーにしてもらう。

舞台は劇場の中で完結するものではなく、それからずっと先まで作品と観客は共に生きていくものだと思っています。

この作品がこれから先ずっと良い思い出となるよう、キャスト、スタッフ一同細心の注意を払いながら挑んで参ります。

舞台に立てることの喜び
舞台に立つための覚悟
舞台を立つことの責任

精一杯務めさせていただきます!

『 沙也可 』

2020年10月28日(水)から10月31日(土)
渋谷区伝承ホール

・劇場のある建物の入口、さらに劇場に入口にも自動的に体温を測るサーマルカメラを設置致します。
・劇場の換気システムは、劇場内の空気が6分間で全て入れ替わるようになっております。
・上演後1時間ほどで換気の為の休憩時間をはさみます。

公演の詳細、そして公演におけるコロナウィルス対策の詳細についてはこちらをご覧ください。