カナダでスキーしましょう!

一緒にカナダでスキーとリゾートを満喫しませんか?

昨年、約10日間で5つのリゾートを巡ったカナダスキー。

対面の山に見えるコースも同じスキー場という広大なゲレンデ。
自然の山の中で滑る感覚を楽しめるように必要最低限しか手を付け加えないスキー場。
そして息を飲む絶景。

そしてなによりもリゾートでの過ごし方の豊かさに感動しました。

今回、フェロートラベルからお声がけをいただき、カナダスキーツアーを企画しました。
レベル・年齢問わず幅広い方々に楽しんでいただけるようアテンドさせていただきます!

訪れた5つのスキーリゾートの中から、スキーはもちろんリゾートライフが充実している2箇所を選びました。

++++++++++
【 バンフ 】
カナディアンロッキーを代表する町。世界遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」に含まれるバンフ国立公園の中にあります。
こじんまりとした街にショッピングやレストランが充実しておりアフタースキーも満喫できます。ここを拠点として「ビッグ3」と呼ばれるレイクルイーズ、サンシャインビレッジ、マウントノーケイまで移動してスキーを楽しみます。

【 サンピークス 】
バンフのような街ではなく、ここは完全にリゾートビレッジ。
そのビレッジを囲む3つの山で構成されており志賀高原全山コース面積の約3倍と言われています。
目の前がスキー場なので、少し滑ってホテルに戻って休み、スパに入ってまたスキー、という充実したリゾートライフを楽しめます。
++++++++++

海外スキーにトライしたい!という方は是非ご参加ください。
スキーだけでなくカナダの大自然やリゾートライフを満喫しましょう!

———————
カナディアンロッキーとサンピークス9日間
2019年2月23日(土)~3月3日(日)
詳細は下記リンクより
http://www.fellow-travel.co.jp/news/tamuraspecial2019.pdf
———————

バンフ
国立公園の中にあるので、みんなが自然との共生の意識が高く、穏やかな街

バンフや本格的なアウトドアショップなどもあってMSRの日本未発売モデルなどあって興奮です

エルク(鹿)がいても騒がずに遠くから静かに眺めるなどみんなマナーが素敵

レイクルイーズ
アルペンスキーヤーだったら憧れの場所
ワールドカップ開催地です!

レイクルイーズスキー場には宿泊施設がありません
だからスキー場から麓を眺めても人工物が少なく大自然を感じながら滑ることができます!

移動中の景色
こちらの貨物列車は驚くほど長い

サンピークス
華美ではなく温もりのある世界観が本当に素晴らしく素敵なリゾートです

ゲレンデにも人工物が少なく、「自然の中を滑る」というスキー本来の醍醐味を満喫させてくれます
向こうにあるゲレンデも同じサンピークス!

全く滑らず麓のテラスで一日過ごすという人もたくさんいました
ロングバケーション文化なので、やることを詰め込み過ぎずのんびり過ごすスタイルが本当に素晴らしい

その場にいる人全員で一緒にリゾートを楽しむ
そのマインドが大切なことを感じさせてくれます

サンピークスの山頂
ひとつひとつの細かい演出が素敵

リゾート気分とかはいいから思い切り滑りたい!
という方にも充分満喫できます(^^)

夜のサンピークスも雰囲気抜群
バーやパブで飲んだり散歩したりスパに入ったり