2005年 フライドフィッシュの変

どーも。ご無沙汰しております。
会社から5日間休みをもらってしまったので、繰り出していました。
あー、リフレッシュ♪
明日から仕事がんばりまーす。

でもって、皆さんに1つ質問。
ケンタッキーのフライドフィッシュってありますよね?(写真参照)
あれってどうやって食べます?

約3年に渡るデータ集計の結果。意外な事実が!!

男性は太い方から食べる。
そして女性は細い方から食べる。

こういう傾向なのですよ。
「なんでだろ?」
探究心旺盛なたむらこうじは分析。

男性は「持つ」が理由。
そして女性は「食べる」が理由。

男性はスポーツをする人が多いよね。
さぁ、ここで色々なスポーツを見てみよう。
テニス、野球、卓球、バドミントン。
この共通点がお分かりでしょうか?

そう、使っている道具が重要。
ラケット、バット。こいつらのカタチは片方が細くて反対が太い。
そして細い方を持つ。
こういう行為がDNAの中に刻み込まれているから、フライドフィッシュを渡された瞬間、男性はアスリートとして細い方を掴むのではないでしょうか?食事はサバイバル。食うか食われるか。まさにスポーツ。

そして、女性。これは「食べる」が理由。
これはカンタン。女性は口を大きく開けて食べる事ができないから。

今日ケンタッキーに行って自信から確信に変わりました。

みなさんのご意見お待ちしております。

One Reply to “2005年 フライドフィッシュの変”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください