太秦江戸酒場 〜琳派の秋〜

【 太秦江戸酒場 〜琳派の秋〜 】

10月31日、11月1日。前回の無声映画の活弁上映に引き続き参加させていただきます。

提灯灯りの中を行き交う侍や町娘たち。
艶な三味線の音色に、
湯気も香る居酒屋の軒先。
煌びやかな遊郭から
一本入った辻をのぞけば杯を交わす
浪人たちのニヤリと笑う顔が見える…

まるで江戸時代にタイムトラベルしたような
舞台の中で日本が世界に誇る
京の伝統をめでつつ、
美味しい京都のお酒を飲み比べたり、
名店のお食事を心ゆくまで楽しむ、
大人の秋祭り。

今年で400年を迎える「琳派」と
太秦ならではの「時代劇」をテーマに、
伝統文化の趣と、着物でそぞろ歩く楽しさを
追及した、太秦 江戸酒場~琳派の秋~。

さぁ、この秋も、はるかな時をこえて蘇る
江戸時代の京都へ、ゆるりと旅してみませんか?

< 役者BAR >
大正・昭和初期に「新しい時代劇」を作りあげた阪東妻三郎、そして昭和中期・平成の「時代劇全盛期」を、そして今尚牽引する加藤剛。
その二人を受け継ぐ役者をはじめ、映画、テレビ、舞台で時代劇を演じる役者たちと時代劇を肴に呑み交わしてはいかがでしょうか—

加藤頼くん、私をはじめとする時代劇役者がお待ちしております。

加藤頼くんは、昨年私が「大岡越前2」でゲスト主役をさせていただいた時に手鎖で繋がれてずっと一緒に過ごした相棒。

その後も会ったりしていましたがこうやってまた別の形でご一緒させていただけて本当に嬉しい。

加藤頼くんをはじめ多くの方に学びを受けながら今までの時代劇を受け継ぎ、そしてこれからの時代劇をつくっていくことが出来るよう精進して参ります。

文体だと堅苦しいですがそんなことなく、夜の江戸の町をぶらりとして、お酒を呑みながら楽しく話しましょ!ってことです(^^)
お待ちしております!

詳細はこちらから
< 太秦江戸酒場ホームページ >

image4