本年もありがとうございました

2015年

今年は役者という立場で「太秦江戸酒場」にて無声映画活弁上映、WOWOWにてドキュメンタリー番組を企画し新しい扉を開くことができました。
役者としても2年ぶりに舞台を演ったり、弁士として祖父の映画を説明したりなど充実した1年となりました。

2016年

既に今月から準備を進めておりますが1月から連続ドラマの撮影が入り、これもまた役者としてだけでなく別の立場としても光栄な関わり方もさせていただいています。

みなさんにとってはどんな2015年だったでしょうか。
笑ったり泣いたり怒ったり。全部があるからこそ素敵な日々なんだと思います。
2016年もみなさんにとって喜怒哀楽のある素晴らしい日々となりますように。