リアル友達?

最近流行っているソーシャルネットワークサイト。
「ん?なんじゃそれ?」っていう方はこちらで。

かくいう私もmixiやGREEに登録しております。
今はほとんどmixiのみの活用になっているけど、まぁボチボチ楽しんでおります。

色々ブラブラしてると、友達の登録数が300人とか400人とかのヤツがいるんですわ。
僕もケータイにだったら、そのくらいの友達が登録されてるけど、mixiの登録数は40人くらい。

「すげーなコイツ」と思いながらその人のページを見てたんだけど、各友達の紹介文のところに

           「関係 : リアル友達」

って書いてあるのよ。

ん?なんだろ。これ。
親友のことかなーって予想してたんだけど、ソイツには「リアル友達」が10人以上がいるのよ。

親友ってそんなにいるもんなのか?おい。

そして色々サイトを駆け回ってみると、僕の予想が間違っていることに気づく。

           リアル友達 = 実際の友達

らしい。
反対の意味で「ミク友 (mixi友達)」。つまりmixiの中で知り合った関係で、実際には会ったりしたことがない友達。

なんかこれを知ってすごくショックを受けた。
新しい人間関係の構築のスタイルにショックを受けた。
ここで
「ミク友なんてのは友達じゃない!画面上でお互いの存在を知っているだけじゃないか!」
なんて言ってしまっては時代についていけないオッサンと同じになってしまうので言わない。
新しい構築のスタイルは否定はしないけど

「友達にリアルもクソもあるかいっ!友達は友達。
 友達の中で区別をするな。
 たとえ画面上での付き合いでも、ちゃんと友達として迎えなきゃ。」

って思う。

たしかにmixiだけの付き合いだったら分からないことだらけ。
登録している名前が仮名かもしれないし、歳が違うかもしれない。
話してる内容も創りものかもしれないし、性別も異なるかもしれない。

けど、それを理解した上でそれでも友達になりたいんだったら、
「ミク友」なんて言わずに、堂々と「友達」って言えばいいんじゃないかなぁ。

新しい友達のつくり方が出来たなら、新しい「友達」の価値観も持たなくてはいけないと思う。
それが出来ないで、新しいスタイルで友達をつくると、後々痛い目に合うかもしれない。

失礼な言い方かもしれないけど「来る者拒まず、去る者追わず」的な考えでやってきた。
僕は友達にとても恵まれた人間。本当にシアワセ。1番の財産。
てめえで言うのはなんだけど、人一倍友達のありがたさを分かっている人間だと思う。

だから友達の為にできることは可能な限り何でもする。
友達の為に何かさせてもらいたい。

良く遊ぶ友達にも、数回しか会ったことがない友達にも。

みんな大切な「友達」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください